広告

2015年02月01日

ドリームキャスト

dricas.JPG

発売日に買ったハードではあるが、
サターン程は待ち遠しいワクワクした、
感じはなかった。
むしろ、セガは大丈夫か?
という感じがなんとなくだが、
自分は感じていたし。
まだインターネット創世記ではあったが、
生粋のセガマニアのHPはいくつかあり、
その中でなんとドリキャスの購入を
セガの死に水を取ると表現するものがいたのを、
今でもはっきり覚えている。
市場ゲーム機トップの座は取れなかったものの、
2番手としてまだ日本では十二分に現役だった、
サターンに見切りをつけ次世代機に走ったセガは、
素人の目でみてもあわてすぎであり、
先走りすぎだった。
しかし、まあそれがセガらしさでもあり、
ハードとしては、先走りすぎなところも含め
なかなか良いハードだったと思うし、
最後もセガらしかった。
幸いにもゲームハード事業からは、
セガは撤退したものの、
大川会長の私財の投入により、
会社そのものの”死”はまぬがれたのであった。
いろいろとおさがわせなハードであった。

広告


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
posted by game47 at 11:18 | Comment(0) | 買ったゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

セガサターン

segasat.jpg

買ったゲーム機のなかでは、
最も販売をまだかまだかと、
一番心待ちにしたゲーム機だった。
スプライト表現の2Dゲームは、
グラフィック的には行き着くとこまで行って、
飽き飽きしていたころ、
3DCGゲームが本格的にできる、
家庭用ゲーム機は未来的で、
なんだかワクワク感満載だったのだ。
しかし、このサターンは、
おそらくは天下をとるにはいたらず、
王道を進まないだろうとは思っていたが、
当時は任天堂がまた天下をとるだろうと思っていた。
まさかSONYが天下をとるなどとは夢にも思っていなかった。
まあそれでも結果的には天下をとらず、
なかなかマニアックな道を歩んでくれて、
期待通りの展開になってくれたので、
よかったと思う。
そもそもハード構成からして、
3DCGの時代が来ようとしているのに、
なぜか贅沢な2D用ハードも混在しているという、
混迷ぶり、
しかも当時アーケードではAM2研の、
自社の3DCGゲームが大ヒットしているというのに、
なぜプレステのように3DCGに特化したハードに、
しなかったのか?
相変わらず間抜けな、
SEGAらしいハードであった。




押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
posted by game47 at 12:07 | Comment(0) | 買ったゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

メガドライブ

megadrive.JPG

サターンがあと半年ほどで、
発売されるというのに、
中古で購入、
やはりSEGAのセンスというものを
堪能して、王道から外れる確信を
得たかったのかもしれない、
いろいろプレイした感想からすれば、
感性的には、PCエンジンよりも、
自分に合っている感じがした、
マニアックなのだが、
どこか間の抜けたハードやソフト、、、
実に素晴らしい会社SEGAだと感じ、
後にサターン、ドリームキャストを買う、
原動力となるのである。



押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
posted by game47 at 07:37 | Comment(0) | 買ったゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

ゲームギア

gamegear.JPG

嫁さんの実家に盆正月に帰省することがあり、
ゲームがないと寂しいので、購入した。
当然王道のゲームボーイなぞは見向きもせず、
このゲームギアを選んだ。
カラー液晶という当時としては無謀ともいえる、
ハード構成であったため、電池は直ぐ無くなるは、
残像で見にくいは、等欠点だらけではあったが、
このような冒険者がいたからこそ、
現在の携帯ゲーム機があると思うのだ。
立派な礎としての犠牲となり、
役目を果たしたSEGAらしいハードだった。



押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
タグ:ゲームギア
posted by game47 at 09:30 | Comment(0) | 買ったゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

PCエンジン

PC-EngineFirstModel.jpg

当時既に次世代のファミコンは、
アナウンスされており、
次世代の主流となる、ゲーム機は、
やはり次世代ファミコンになることは、
容易に予測できた、
なにせファミコンの知名度、力は、
絶大であったからだ。
しかし、当然のごとく、
自分は次世代のファミコンなど目もくれず、
王道から外れた道を今回も歩むのである。
選択したゲーム機は、PCエンジン、
今でもこの選択に悔いは無い、
しかし、後から考えれば、
メガドライブの選択の方が、
自分には合っていたのかもしれないと思う。
まあ、結局メガドライブもなぜか終焉まじかに買うのだけれど。

PCエンジンのゲームの思い出は、
人生の転機を思い出させるものがある、
これを買った時まさか、このコントローラーを、
自分の嫁さんや子供が触ることになるなどとは、
まさに夢にも思っていなかったのだ。
なにせ、当時はいわゆるゲームおたくで、
色恋ざたの話など無縁だったからだ。

買ったPCエンジンは新品で白い奴、
後にスーパーCDロムロムと合体する。





押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
posted by game47 at 08:40 | Comment(0) | 買ったゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。