広告

2015年01月31日

セガサターン終了

segasat.jpg

これで、セガサターンのプレイしたゲームは
全てだと思うが、もし抜けがあって、
思い出したら、紹介するかもしれない、
セガのゲーム機としては最も善戦し、
なかなか他機種にはないマニアックなゲームが存在し、
総じてなかなか良いゲーム機だったと思うのだが、
当時のセガはなにがなんでも、ゲーム機で、
天下を取りたかったらしく、
最後のほうは、
既にセガ内部では次世代機に軸足を移しており、
見捨てていた感じが、
したのが残念ではあった。
結果論ではあるが、
なにもそんなにあわてる必要もなかったし、
別に2番目で、マニアックな層を中心に展開しても、
良かったのである。
結局この判断が仇となり、
セガはゲーム機戦争からは完全敗北撤退となり、
セガのゲーム機の代役は、XBOXに、
なるのである。
おそらくはもしセガがゲーム機を続けていたなら、
今のXBOXの存在感は今よりもっと薄いか、
無かっただろう。


広告


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村
posted by game47 at 11:05 | Comment(2) | セガサターン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしドリキャスがDVDドライブとDVD再生機能付きで出していたらPS2に勝てたのではというご意見もある。

製造コストが安い独自規格のディスクで製造させたが製造ラインが1つ増えてしまうので最終的に
コスト高になり生産ラインを他の媒体でも転用できるDVDをつかったPS2が勝利した模様。

セガは最終的にソフトメーカーに嫌われて終わったともいえる。
Posted by ファミコン現役 at 2015年01月31日 20:59
ファミコン現役様

中の人game47です。
セガがとったゲーム機一番作戦は、
基本的にいの一番に次世代機をだして、
ライバルが出てくる前にシェアを奪う計画です。
ドリキャスを出した時期では、
DVDはコストが高すぎて、
採用はできなかったので、
やはり、
結局なにがなんでも一番になるという野望さえなければ、
今でもセガのハードは存在していたと、
私は思っています。
Posted by game47 at 2015年02月01日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。